げん玉クラウド(CROWD)書き方「主観的表現を防ぐコツ」

げん玉稼ぎ方!!月に数万~を目指すブログ!!

げん玉クラウド(CROWD)書き方「主観的表現を防ぐコツ」

いままでのクラウドのメルマガは

キャンペーン情報、お得な作業情報などの

配信が多かったのですが、2015年に入ってから

講座の配信がスタートしました!

 

以前、配信されていた講座は

「見出し付きライティング書き方講座」です。

 

第1回:タイトルと見出しの書き方の違い

第2回:主語・述語の使い方

第3回:誤字・脱字を減らす方法

第4回:主観的表現を防ぐコツ

第5回:固有名詞の使い方に気を付ける

第6回:書くネタが詰まったときの4つの対処法

 

今回は第4回について

詳しく説明したいと思います♪

 

当ブログでも

げん玉クラウドなぜ見出し付き記事作成は人気なのか

という記事を掲載しております。

 

見出し付きライティングの詳しい説明は

やはりクラウドで確認するのが一番正確なので貼っておきます。

クラウド見出し付きライティング詳しい説明について

 

第4回:主観的表現を防ぐコツ

今回ご紹介するコツをマスターしてしまえば

他の案件でも承認率アップが目指せます。

 

『主観的表現』を含む記事を作成した場合、

見出し付きライティングをはじめとした『説明文』

では非承認となるケースがあります。

 

1日にたくさんの記事作成を行う場合、

急いで記事を書いてしまいがちです。

『客観的表現』を意識していても、やはり

主観的な文章のほうが思いつきやすい為、

何箇所か自分の感想が含まれてしまっています。

 

主観的表現ってどういうこと?

主観的表現が含まれているということで非承認になった!

 

という方は、是非「主観的表現を防ぐコツ」をマスター

してみてください。

 

【主観的表現・客観的表現の違いを理解する】

主観的表現とは・・・

ある事象、意見の根拠が特定の人にある表現のこと。

 

例文:「はリアックがかわいいと思います」

『私』がかわいいと考えているので主観的表現となります。

 

 

客観的表現とは・・・

ある事象、意見の根拠が一般論、事実、統計などに

基づく表現のこと。

 

例文:「日本の首都は東京です」

現在の事実に基づいているため客観的表現となります。

 

『説明文』は、辞書のような客観的な内容の文章を

書くと承認率がアップします!!

 

主観的表現・客観的表現を使い分けるコツ

これから紹介するコツを実践すれば、主観的表現

がNGな記事作成でも承認されやすくなりますよ~。

 

<その1> 「思います」などの表現を使わない!

思います、考えます、感じます、~のはずです、

おそらく~です

 

などの表現は、誰かがそう判断しているときに

使う表現であるため主観的表現といえます。

 

これらを使用せず、

~です、~ます、~でした

などの表現を使うことで非承認となってしまう

回数を減らすことができます。

 

<その2> 体験談調の文章を入れない!

たとえ内容が客観的なものであっても、

・「私が」「彼が」といった特定個人の主語が入っている

・自分の体験談や他人からの伝聞内容が入っている

などの文章は、客観的ではないと判断されることがあります。

 

例文:「私は風邪になり寝込んでいましたが、

その中で便利な風邪薬を見つけました。

それは〇〇という薬で、効果は△△です。」

⇒〇〇という薬の説明文ですが

文頭に自分の体験談が含まれていることから、

たとえ薬の効果が客観的事実だったとしても

個人の服用が根拠として判断され、非承認と

なることがあります。

 

以上2つのコツをマスターするだけで、

承認率の向上が期待できますよ~♪

 

第1回:タイトルと見出しの書き方の違い

第2回:主語・述語の使い方

第3回:誤字・脱字を減らす方法

も一緒にマスターしてみましょう!!

 

げんだマイスターおすすめ!ここから登録で250ポイント獲得


げん玉クラウド(CROWD)誤字・脱字を減らす方法

いままでのクラウドのメルマガは

キャンペーン情報、お得な作業情報などの

配信が多かったのですが、2015年に入ってから

講座の配信がスタートしました!

 

以前、配信されていた講座は

「見出し付きライティング書き方講座」です。

 

1月19日⇒(vo.1)タイトルと見出しの書き方の違い

1月20日⇒(vo.2)主語・述語の使い方

1月21日⇒(vo.3)誤字・脱字を減らす方法

1月22日⇒(vo.4)主観的表現を防ぐコツ

1月23日⇒(vo.5)固有名詞の使い方に気を付ける

1月24日⇒(vo.6)書くネタが詰まったときの4つの対処法

 

今回は第3回について

詳しく説明したいと思います♪

 

当ブログでも

げん玉クラウドなぜ見出し付き記事作成は人気なのか

という記事を掲載しております。

 

見出し付きライティングの詳しい説明は

やはりクラウドで確認するのが一番正確なので貼っておきます。

クラウド見出し付きライティング詳しい説明について

 

第3回:誤字・脱字を減らす方法

今回ご紹介するコツをマスターしてしまえば

他の案件でも承認率アップが目指せます。

 

多くの方が苦手としている「誤字・脱字」。

 

誤字・脱字がある状態の記事では非承認となってしまいます。

僕も誤字・脱字が理由で非承認となった苦い経験があります。

 

なぜ、誤字・脱字をしてしまうのか…

理由として2つあげることができます。

 

【理由その1 ケアレスミス】

かな、カナ、漢字、英数字などについて、

タイピングミスによる誤りや過不足がある。

 

⇒ケアレスミスを減らす方法

<コツその1>

長文を一気に変換すると、どこかしらで誤変換が

発生する可能性があります。

こまめに文章変換をかけることをオススメします。

 

<コツその2>

やはり投稿前のチェックは最も効果的です。

投稿前に、ざっと2回程度記事を読んでみましょう。

・投稿前に画面を印刷し、紙でチェックする

・投稿内容を音読し、目と耳で二重チェックする

という確認方法もございます。

 

 

【理由その2 覚え間違い・誤用】

例1:シミュレーションをシュミレーションと書く

例2:齟齬(そご)を(そしゃく)と呼んでいたため、

誤って咀嚼(そしゃく)という漢字を入力してしまった。

 

⇒覚え間違い・誤用を減らす方法

覚え間違いや誤用の場合、それが間違っていると

認識していないので、投稿前に確認することが

非常に難しいです。

・書いた文章を第三者に添削してもらう

 

僕はまさにこのタイプです。

嫁に確認してもらうこともあるのですが、

必ず「ここ違う!」と指摘されます。

 

現在はこれであってるかな~

と思う言葉は調べるようにしています。

通常よりは時間がかかってしまいますが、

この方法で徐々にミスを減らすことに成功

しています。

 

ご自身の誤字・脱字のタイプを把握し、

改善策をいくつか試みてください。

必ずあなたにあった方法がみつかり、

徐々にミスを減らせるようになると思います。

 

第1回:タイトルと見出しの書き方の違い

第2回:主語・述語の使い方

も一緒にマスターしてみましょう!!

 

げんだマイスターおすすめ!ここから登録で250ポイント獲得


げん玉クラウド(CROWD)主語・述語の使い方

いままでクラウドのメルマガは

キャンペーン情報、お得な作業情報などの

配信が多かったのですが、2015年に入ってから

講座の配信がスタートしています!

 

現在、配信されている講座は

「見出し付きライティング書き方講座」です。

 

1月19日⇒(vo.1)タイトルと見出しの書き方の違い

1月20日⇒(vo.2)主語・述語の使い方

1月21日⇒(vo.3)誤字・脱字を減らす方法

1月22日⇒(vo.4)主観的表現を防ぐコツ

1月23日⇒(vo.5)固有名詞の使い方に気を付ける

1月24日⇒(vo.6)書くネタが詰まったときの4つの対処法

 

今回は第2回について

詳しく説明したいと思います♪

 

当ブログでも

げん玉クラウドなぜ見出し付き記事作成は人気なのか

という記事を掲載しております。

 

見出し付きライティングの詳しい説明は

やはりクラウドで確認するのが一番正確なので貼っておきます。

クラウド見出し付きライティング詳しい説明について

 

第2回:主語・述語の使い方

今回ご紹介するコツをマスターしてしまえば、

他の案件でも承認率アップが目指せます。

 

まず始めに、主語・述語とは何なのか?!

を説明していきたいと思います。

 

【主語とは】

何らかの動作、状態をした「誰か(何か)」を表します。

例:「私はご飯を食べる」の主語⇒私は

例:「ネコはこたつの中で丸くなった」の主語⇒ネコは

例:「記事作成とは文を書く作業」の主語⇒記事作成は

 

【述語とは】

主語の「動作、状態」を表します。

例:「私はご飯を食べる」の述語⇒食べる

例:「ネコはこたつの中で丸くなった」の述語⇒丸くなった

例:「記事作成とは文を書く作業」の述語⇒(書く)作業

 

主語と述語は、基本的にすべての文章に含まれています。

(主語が見当たらない文章もありますが、これは省略しているだけ)

 

・主語と述語の落とし穴「ねじれた文章」とは

そんな主語と述語は、構成次第で「ねじれた」文章に

なってしまうという落とし穴があります。

 

【ねじれた文章とは】

『主語と述語の組み合わせに違和感がある文章』です。

例:「CROWDはより多くの人がお小遣いを稼げるサイトを

目指されます」

(主語)CROWD (述語)目指されます のため、

組み合わせに違和感があります。

 

ねじれた文章は、読み手にとって、とても読みづらく

文章の内容を混乱させる可能性があるため、

非承認になることが多いです!!

 

ねじれた文章にならない為のコツを実践!

<コツ1:文章を短くして、主語と述語を近づける>

日本語は主語と述語の間に、いろんな言葉を入れ込めます。

結果文章が長くなり、例のような違和感のある文章に

なりやすいのです。目安として【1文50文字以内】にして、

主語と述語をできる限り離さないようにしましょう!

 

<コツ2:主語と述語を抜き出し、違和感がないかチェックする>

先程、僕がやったよに【文章の主語、述語だけを抜き出して、

違和感がないか確認する】と、ねじれた文章はグンと減ります!

 

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れると作業と同時進行で

違和感チェックができるようになりますので、

是非実践してみてください!!

 

第1回:タイトルと見出しの書き方の違い

第3回:誤字・脱字を減らす方法

も一緒にマスターしてみましょう!!

 

げんだマイスターおすすめ!ここから登録で250ポイント獲得


1 2 3 16
金額別げん玉稼ぎ方!!
人気記事一覧
ブログランキング

あんま見慣れない
ブログランキングにしてみました


ブログランキング
クリックポイントつけたい位に
感謝してます!!

アクセスカウンター
  • 530937総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 142156総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年10月19日カウント開始日:
プロフィール

プロフィール
げんだマイスター
げん玉 稼ぎ方を伝授します
最近月10万稼げました!!

全記事
アーカイブ
最近のコメント
QLOOKアクセス解析 げん玉